用途や値段で選ぶ|結婚式に着用する留袖はレンタルしよう|低費用で上質のものが着れる

結婚式に着用する留袖はレンタルしよう|低費用で上質のものが着れる

婦人

用途や値段で選ぶ

祭り

共通の衣装などにできる

お祭りであったり企業で出し物をする、学校などで出し物をするときがあります。その時に同じ組織で同じ衣装を着ることで一体感を得ることができる場合があるでしょう。簡単なものだとTシャツなどがあります。それ以外に和の衣装としては半纏があります。よく似たものとして法被がありますが、実際には明確な違いがあります。ただ、どちらも和装でお祭りなどで使われることもあり、場合によっては同じものとして扱うところもあります。半纏と法被の違いとしては、襟を返すか返さないかの違いで、それ以外はほとんどわかりませんでした。また、庶民が着るか、職人が着るかの違いもあったようです。今はイベントなどで利用するので、誰でもどちらも着ることができます。

染め方による違い

衣料品は、布で作られています。そしてそれに色が付けられます。無地よりも模様が入っていたり、文字が入っている方が良いこともあるでしょう。半纏を共通の衣装としてオーダーすることがあります。この時、価格が異なる場合があります。安いタイプだと、色落ちがしやすく、何回か洗濯をしているうちにすぐに色が薄くなることがあります。一方で、伝統的な手法で色つけがされている半纏の場合は、少々選択をしたからと言ってすぐに色が変わるわけではありません。そのために長く使うことができます。一時的に使うだけなら安いものでも良いでしょうが、毎年や行事ごとに頻繁に使うのであれば、色が長くもつタイプを選んだ方が良いでしょう。値段も高くなります。